和牛日本一の鹿児島の和牛・かわなべ牛

かわなべ牛が育つ川辺町は、鹿児島は薩摩半島の西南部から南端にまで広がる広大で豊かな自然と、深い歴史を持つ南九州市の中心にあり、清らかな清流を有し、古くから畜産農が盛んな街です。

その川辺町で生育された黒毛和牛が「かわなべ牛」です。川辺町の畜産農家で15ヶ月以上飼育した肉牛(黒毛和種)で、日本食肉協会で定める4等級以上のもののうち、肉質・脂肪質が特に優れたもののみが「かわなべ牛」として出荷されています。

かわなべ牛は、水の郷百選に選ばれた綺麗な清流と、緑豊かな大地でゆったりと丹精を込めて育て上げたブランド牛です。